フォトアルバム
Powered by Six Apart

お気に入りブログ

ツマグロヒョウモン 褄黒豹紋

注目していたツマグロヒョウモンのサナギ いつの間にやら羽化していた
081114s 

080913←ツマグロヒョウモンの成虫
上が♀ 
下が♂
博学よしださんによると
秋のサナギは成虫で木の洞などで越冬し
春うまくいけばボロボロになって産卵するとか
うまくいけばということは
当然没になることも多いわけで
非常にきびしい一生なわけで・・・

081022s ←見つけたときのさなぎ
金ぴか水玉にびっくりして
以来ツマグロヒョウモンに注目していた



マンデビラ 081114s_2
こんな青空 もう最後かも

続々 庭に来る蝶 ツマグロヒョウモン(熱帯スイレンに)

081025s_2
南の軒下で
ピンクレパーデスとパトリシア開花
・・・・・と

081025s


0810252s_2・・・・・
目の前にマイブームのツマグロヒョウモンが!!!
あわててピントきりかえて・・・


0810251cuts_2



ご参考(^-^*)

蝶 ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン



そういえば赤と黒の縞になった幼虫たくさんふんづけました^^;







続 庭に来る蝶 ツマグロヒョウモン

水鉢の陰に回って枯れ草のお掃除していると
派手な金ぴかに目がとまる

081022cuts
シュロカヤツリソウの葉裏でブラブラゆれている真っ黒のさなぎは
まるで純金の小粒を埋め込んだよう
野草の庭にはふさわしくない見事な輝きだ


081022s

で 
またまた よしださんが調べてくださった(^-^*)


**************************************
   わかったぞ~。

調べてみたら、こいつ、タテハチョウの仲間のツマグロヒョウモンだ。
スミレを食草としています。だから、花壇のパンジーなんかも食べますね。

オレンジというか赤茶色の成虫の写真を、aandaさん、以前写したことがあったと思います。

蝶のさなぎの中には、透明な膜が多層になっていてメタリックに輝くものがあるんです。羽化した後は、輝きません。

熱帯の蝶のさなぎの中には、全部金属メッキみたなのもあるくらいで、それに魅せられている人たちもいるんですよ。

***************************************

・・・ということで 以前さりげなく撮っていた蝶の写真が役立った
赤茶色の蝶の写真は2種あった

ツマグロヒョウモンで検索すると
080913_1_up080913_up
←地味な方が♂

↓いくらか派手な方が♀ですと(^-^)/

0809131up

ルリタテハの食草ホトトギスも2種類 庭にたくさんあるけど
このツマグロヒョウモンの食草スミレも野草種がたっぷりはえています
上の写真もスミレだけど産卵場所探していたのかしら

さてどういう青虫なんだろ

ちなみに羽化した後は輝きません・・・ってことなので
殻から砂金を採る夢はあえなくぽしゃる^^;

庭に来る蝶 ルリタテハ!!

すんごい色の 見たことのない蝶がやってきたのでUPした

Mariaさんがルリタテハだよ、、と教えてくださった 
「瑠璃=青色の美しい宝石 とあります」、、、ですと!(^-^)

小さな自分の庭に宝石をおもわせる蝶がやってくるなんて夢のよう(*^-^*)081015_up1084s_2


081015_cut      が
瑠璃色の美しい蝶なれど 裏はクチャクチャなり
    でも 
博識よしださんによると それは保護色だそうで
人目をひく表と保護色の裏を使い分けて
臨機応変開いたり閉じたり・・・スゴイ!

で これの(幼虫の)エサはホトトギスだそうで
ならば「これか?」と去年の写真をUPしてみた
、、、と、、、
ばっちりこれがルリタテハの幼虫だそうで
ナ~ンダこれなら気持ち悪くて毎年バンバン踏みつけていたよ
近所でも有名なきらわれものの気持ち悪い虫><;;;;;

で その去年の写真ですが こういう風です
0709271cuts
見るだに気持ち悪くて チクチク痒くなりそう
      が
将来やんごとなきルリタテハになると思えば
美しいかも・・・って思えるから不思議

雪の結晶をまとったようで
クリスマスツリーのオーナメントに・・・っていうのは無理か^^;
070927cut

ウ~ム 青虫にエサを与えて 
羽化を楽しみにしておられる野草師匠の気持ちが
少しわかりかけてきた(^-^*)

美術展 中日(なかび)

美術展2日目
8時半 Hh先生といっしょに出勤

往路見事なススキ2種 一抱え確保
会場前の芝生に広げて水をかける
ススキは水切りより葉水が効くそうな

会場に入ると
入り口広場に活けた秋草のつやがなくなっている
Dsc_0004cutsすぐにとってかえして
家の秋明菊 ツワブキ ホトトギスなど
バッサリ切ってくる
活け込みは先生におまかせ
そばにいると教わること多し


Dsc_0106s Dsc_0107s Mariaさんに
模様がよく見えないといわれた猫壷
upで撮ってみた


お茶テーブルを飾る野草や小壷は
結構いやしになり
話題を提供してくれる


今日も応援団に助けられて 
ひと時 庭の睡蓮を見に帰れた(^-^)

0810191s
北側の庭の温帯種
クロマテラががんばっている




081019s_20810191s_2   
南に移動した熱帯種
ジャニスとパトリシア



   そして ピンクレパーデス セントルイスゴールド
0810193s 

081019s
オーガスコックはまだ小さい



081019s
睡蓮の 写真をとって会場に戻る

さすがに午後は来館者も多くて
喫茶部としては
ドンドン椅子を追加して対応する

人気の布絵作家の作品展とスポーツの大会と
そしてこの美術展とがリンクされて
町が大きく盛り上がる

戦いすんで日が暮れて・・・
Dsc_0072sDsc_0074cuts 





日中の賑わいが去った夜の会場もいい感じ
ゆっくり一巡して撮ってみる

Dsc_0078sDsc_0081s 





Dsc_0082s_2


Dsc_0092sDsc_0093sDsc_0097s 




夜8時閉館

はじめての蝶

081015_s_2
無農薬の庭にはいろんな生き物が来るけど
こんなブルーの蝶は初めてだわ
裏はどうにもならない色
サイズは7cmくらい

名前は?・・・ウ~ム
081015_ups 

庭に来る生き物 正編

少し前の蝶  寒くなって近頃はこないです
080913_1_ups0809133_ups080915s






0610051_ups
サクラタデにアシナガバチ 



クマツヅラにやって来たクマバチ・・・?
0610062_ups




080905s400 0709072sイトトンボはうちでたくさん生まれた
080904ss 赤とんぼも少し来た
ほかに
シオカラトンボ
一度だけギンヤンマ><





080912_2s
ミズアオイにとまっているアマガエル

トクサにとまっているアマガエル ギャー!

080916ups

どの水鉢にもヤゴはいるけど
こういう好奇心旺盛なヤゴははじめてだわ ガガブタの鉢にて
080921_ups


こんなに悠々と庭を歩いていく猫もあまりいない
ポポがいた頃は猫なんか近づかなかったのに・・・
0809151s

逝ってしまって10年近くなると 犬の気配もすっかりなくなって
よその猫が大っぴらにあるくようになるのね・・・




庭に来る生き物???

水鉢の庭で

トリケラトプス と プラキオサウルス・・・のつもり^^;
080911s090910
 




ついでに裏庭のステゴサウルス
Ups8s
模様は生意気に象嵌です





S
ご先祖さまの化石の前で
恐竜の親子
赤ちゃんは卵からうまれたばかり

化石も象嵌です


そして 足跡(^-^;

080911_s_2






赤とんぼとか

080904ss_4 
初赤とんぼ
赤とんぼの赤ってこんなに鮮やかだったのね

080905s400庭が出来て3年目
今年は特にイトトンボが多い
近所のお庭にも出張しているようです



シジミ蝶もいろいろきます
080905upss400

庭に来る生き物

0807111ups4_20807112ups4 




ハスの後ろに回ったら 食事中のカマキリにバッタリ
レンズを通して見ているとまたたく間に子虫を平らげてしまった
害虫退治の助っ人
0807113ups4

ポンテデリアにシジミ?
080711s400s4

ミズキンバイ この虫はよく睡蓮のミツも吸いに来る
080711_ups800s4


0807213s4
こういうのばかりならいいんだけど
黒っぽいのはきらい
これだって子供に見えて実は大人かも
そして卵を産んでいるのかも
オタマジャクシの素は見つけ次第チュ-ブで吸って捨てる

全部カエルになって蛇を呼び込むかと思うと
たくさんのオタマは好きになれない
2~3匹なら水槽掃除にちょうどいいんだけど
0807211s4