フォトアルバム
Powered by Six Apart

お気に入りブログ

屋内水槽の熱帯睡蓮  屋外に定植

     毎日暑いので涼しい画像を・・・^^

110802_05trms

我が家の屋内水槽です
不思議な形をしているので
不思議水槽って名前^^






  住民はヒメダカが2尾だけ
110803_3hs
















110804_1s

そばを通るたびに
水をゆらして遊んでやるので

よくなついている(^-^)







メダカは上の丸いところにも自由に行ける
110803_4sでも偶然行っているだけで
意識して行ったり
降りたり・・・は出来ないみたい^^

エサをやっても位置関係がわからないらしく
大慌てしている




エビ水槽のヒツジ草は水中葉でおさまっているのだが

この熱帯睡蓮はこのところ葉っぱの成長著しい
110804_4hsts_3


やけに水面を
覆い始めたので
掘り出しす 

















110805110805_2ずっと屋内の水槽に居たので
とりあえず
半日陰で管理する

8月の定植で 
はたして花を
咲かせることが出来るか・・・

@8/6 ピンクパール   追記

熱帯睡蓮 ブルーギガンディアなど

110804_7s 今年は初めから葉裏を気にしていたら
去年の虫じゃなくペッタンコの巻貝が食らいついていた
まめに手で取っていたら
51cmの水底からゆっくりとつぼみが上がってきて・・・
←朝7時  ↓9時        10時 ゆっくり開花(^-^)/

110804_0916s 110804_1018s







 

そして 十時半・・・うっとり・・・・・^^

110805_1024hst_trms_2   













110808_ghsttrms


その後・・・
ブルーGって閉じるのが下手?





110728_5s

他に熱帯睡蓮は
ジャニス

110714_hstsパトリシア
110718_1hsts







110730_1hsts

ミクランサ
110728_3s

黄斑ブルースモークは
初咲きでクチャクチャ^^

1108011s 











110809_trmsピンクパール
110727_3hsts110728_1hsts






そしてセントルイスゴールドはすごい!
110728_3hsts110804_s_4 

水草展3 熱帯睡蓮

110315_s
温帯の奥が熱帯睡蓮


特にライトを増やしていただいたので
熱帯睡蓮の鮮やかな色が強調され
独特の美しさがうまく伝わった
110312_s_trms
  110323_s_3 

テクニック
熱帯睡蓮の植え方
越冬の仕方
鉢数が増えるにしたがって
方法が変わっていった様子
最後は現在の倉林雪夫先生の方式



110323_s_2

一番奥
寄せ植えの様子
コンテスト受賞の写真

寝つきが悪かった 熱帯睡蓮

最後の越冬準備

自分が風邪を引いてしまって外に出たくないってこともあったけれど
今年熱帯睡蓮がいつまでも元気で
寝かしつけるタイミングがなかなかやってこなかった
12/21 これ以上遅らせるわけにはいかないキリキリの21日に
ようやく最後の2種を片付けた
倉林雪夫先生方式3年目 今年は全部で11種
今ワタシのパソコンデスクの下で熟睡しています

101221_s101221_s_3101221_s_2





   101221_s_4 101221_s_5











あと小さな葉を出したムカゴを目の届くところにおいている
キッチン出窓のガラス瓶とか 
ほかに屋内のメダカ水槽の底砂利に植え込んだものとか
101229 101229up







12/1 熱帯スイレンの越冬

101201_1
12月はじめ
葉っぱが少なくなったものだけ掘りあげる

夏の異常な猛暑のせいかどうかわからないけれど
今年は調子が悪かった
球根の育ちも悪い








可愛い葉っぱの出ている小さな根っこは
屋内のめだか水槽の砂に植え込む

倉林雪夫先生方式3年目
なんといっても嵩が低いのが助かる
古土の処理も暮れのうちにすませられるし・・・ 101201_2 101201_3





我が家のジャニス?(熱帯スイレン)



090810_s育て始めて3年になります
寒さに強く 花つきよく
なかなかいい花です

090815_s








090804_1s









信じきって3年間育ててきましたが

が これってもしかしてバグダット?
ノブさんに言われてようやく気付きましたが・・・

000





宮川師匠の本からお借りしましたが
←師匠のジャニスです









00009 



師匠の前回の本のバグダット

  ↓今年出された本のバグダット

00010














うう~む
色はブルーで完全にバグダットっぽいですね ノブさん
花びらの先が甘くなくってジャニスっぽいですが・・・mmm




ちなみに7月に新版「スイレンとハスの世界」が7月に出ました
スイレンハスファンのバイブル(^-^)
Topbook1

以前出た本です↓Topbook0















ちなみにワタシが関係しているこの本もよろしく(^-^)Topbook3l_2













熱帯睡蓮 青いペンシルベニア

100705_s
7月はじめに待ちに待った青い睡蓮開花
はじめっから一気に4個咲き
たのもしいペンシルベニア

100705_s_2










つぎはピンクレパーデスとジャニスの
つぼみがたのしみ 

大型の熱帯スイレン ブルーギガンディア

100620_gs

ブルーギガンディアを頂く
もう庭は一杯のはずなのに
譲り合って場所があいた

ブルーGを咲かせるには水深が60cm要るらし

お店を見て回るも帯に短したすきに長し

結局 高さ55cmにつられて無粋な漬物樽を選ぶ
30cmほど穴を掘って埋める
で 計ってみるとなんと水深は48cmしかない
あとは漬物ふたの分であった><

それでも2日目には浮き葉が1枚あがってきた

水深に関してはどうやら合格したらしい
010622_3s 気に入らないと眠ってしまうというんだから
なかなか気難しいくさである


広すぎる水面が落ち着かない
メダカも居心地悪そう


周りいろいろと草をくっつけてしまった
1番に当然スゲ
2番目にセリのモジャモジャ
メダカが喜んでいる

3番目が水性バコパ
こういう形でうまく開花してくれるか 実験

機嫌よく次々と浮き葉があがってくるが
どのようにして水深を感じるのか
もしかして水圧として本能的にわかるのかしら

熱帯睡蓮 行きつくところ

昨年暮れの あの頃の気分とはずいぶん違う
あまりの忙しさに せめて熱帯種はやめようと決めて 
崖っぷちに立ってみると
美しい熱帯睡蓮のない庭なんて想像できなくて
お友達の力をかりて復活させた
自力で越冬できたのは半分あまりだった
いい加減な水漬け越冬でも半分助かったというのも
新しい発見だけど・・・
さらにもっとすごいこと
余剰苗を植え込んでいた「マイアミビーチ」の鉢は
雪をもろにかぶって冷凍庫のような日もあったのに
無事発芽した 感激
案外熱帯睡蓮ってつよい @ただし品種による ウン

ほぼ出揃ったところで大型睡蓮をすすめられた
ハイ気分の今だし OK!と即答

で 水深60cmの鉢を探し回る
アイリスのバレンシア20号(←検索)
W60cm H46cm 90L (←いい色 我が家のハス鉢と同じ)

漬物桶
W61cm H52cm 100L (←黄色!!!)
水深が足りないと冬眠してしまうといううわさのある大型睡蓮
色は気に入らないが大きさに引かれて 漬物桶を購入←いいのかなぁ・・・

100530_1
大きすぎて
ミニカーの後ろからしか積み込めない
ふたと押さえ板は無用の長物
いや 
ふたは寒くなってから
夜のあいだ使ってみよう100530_2
100530_3






庭にセットしてみるもどうも落ち着かない
ペンキ塗る? すだれを巻く? 

で半分埋め込んでみたけど
いかがでしょう
最近では見慣れたのか 
まっいいかって感じです^^

100602_s400

ブルーギガンディア様
準備完了です(^-^)







PS
桶そのものの水深は48cmでした
あとはふたの高さなのね 涙;;;
 

今年の熱帯スイレン

090815_s090810_ss



マイアミローズとジャニス












090813_3

お盆前調子の悪いセントルイスGを切開
発根部分が腐り始めていた><





090818_2_2

その後マイアミローズ2がパッとしないので
掘り上げてみると
3株に増えててギュウギュウ詰め
株分けして植えなおし ハテいつ頃咲くか



セントルイスGの空席はまぶさんい穴埋めしていただき
ついでになつかしいドゥベンも送っていただく
熱帯スイレンは長い間10種を守ってきたがついに11種に・・・
090811_1s_3