フォトアルバム
Powered by Six Apart

お気に入りブログ

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

ミズアオイ イト狸藻 ナドナド

おしまいの頃のミズアオイ
温帯睡蓮クロマティアと
090926_s
ミズアオイの向こうに
藻の向こうに大花糸タヌキ藻

090926_s_2







チャームさんでいただいた白姫アサザ
090926_s_4ミニガガブタの雰囲気








手作りの平鉢で寄せ植え
大花糸狸藻^^;090926_s_3
マサニエロの鉢でも 糸タヌキ藻
糸タヌキ藻と田字草は同じ環境が好き
  一緒になってドンドン増えていく090926_s_5






取材


陶芸の暮らしを隣町から取材にこられた
090928_5_cuts500090928_6s_500

 





091026_2s090928_1_s_s



 





090928_1_sS_2





 

Dscn7238s500











090904で 
創作中の壷 掻き落とし090922_s_2
 

 



ちょっと作業しているとことか・・・^^

サクラタデとか・・・

090919s090919ups

夏 茗荷の根方でポツポツ咲いていたナンバンギセルが
今はススキの鉢で次々咲いてる







         
090923_s0920_up500s



サクラタデ














09262500s

裏で 白い彼岸花



0913s07


ツルボ







090919s_2
ムシトリスミレ 2番花        
一番花の種は自然消滅







090922_s子宝草ですと 
ようやく名前がわかった
よしださん JJ 晴さん ありがと











   

上流

Dcsa0006
隣町の素敵な大川
20年くらいむかし
ここに越してきた頃に発見して
両親を案内したんだった

滝ノ下では夏休み中の子供たちが
大勢遊びに来てにぎわったらしい

さらにドンドン上流に進む


近頃弱気になって一人で奥地に入っていくなんてとてもできない

今日は帰省したTan君と一緒なので大胆に進める
Dcsa0017程よきところに車を止めて川に下りる
飲めそうなくらいきれいなお水
水鉢の底用にちょうどいい加減な砂利があった
細かい砂を洗い落として   バケツにもらう
Dcsa0012









地図を参考にも少し上まで上ると図面どおりに大きな橋が・・・
なかなか良さげな砂利もみえる
でももう来るほどの事もないか・・・

Dcsa0007こんな奥地でも オートバイの若者二人
県境越えするつもりでしょう

つづいて
営林署のマークの車1台
こちらをじっと見て上っていった

素人が入り込んでいると心配だろう


ゆっくり下山すると たくさんの仕事師さんの車が追い越して降りていった
静かな山だったけど結構な人が入り込んでいたんだ^^

帰りは天然酵母のパン屋さんに立ち寄る
Dcsa0003 Dcsa0004庭先で一服 

そして
Akiさんにお土産を

神戸にて

Dsc_0007sDsc_0010s







Dsc_0005s久しぶりの神戸 
初めての北野地区 
先進国ならぬ先進街やと思ったのは
通りの植え込み 
ススキっぽい秋草をメインにハーブの植え込みだった
肩肘張らずホッとさせる雰囲気 
お手入れもセンスが要りそう
そして石畳
緑色のバスも神戸っぽくてそそられる

異人館 国民性の違い ドイツの人が住んでおられた
風見鶏の館は重厚な雰囲気が心地よい
Dsc_0031s
Dsc_0080s






Dsc_0046s








Dsc_0092sお昼は同行のKさんの案内で
セントジョージジャパンのフランス料理
きちんと教育された人のサービスは心地よい
コースメニューの中に「それいゆ」という文字
中原淳一展の日だし
迷わず「それいゆ」にする



Dsc_0097sDsc_0101s








Dsc_0103sDsc_0107s
   






やさしいウェイターによると それいゆ ってひまわりのことですと
知らないことが多すぎる
淳一ファンのつもりでいたのに^^

おねがいしてメニューをいただいてきた
フォアグラのアナゴ巻きパネ バルサミコソース
ウイキョウの冷製スープ トッピングサーモンのゼリー寄せ
平目のポアレ シードルバターソース
牛フィレ肉のステーキ 赤ワインソース
ケーキ盛り合わせ コーヒー
Dsc_0109s
デミタスカップの柄が
マイブームのカワセミだった
かわいい~(^-^)
しっかり鑑賞






午後は今回の主目的 中原淳一展 
大変な人出だった

090916中原淳一が活躍したあの頃
どっぷり戦後のあの頃
着物やお洋服は家庭でこしらえるものだった
でもアメリカから新しい風が吹き込んできて
・・・・・
姉たちは輸入本からファッションを取り込んでいた
日本ではデザインブックなんて売れないよといわれながらも
中原淳一が「それいゆ」「ひまわり」そして「ジュニアそれいゆ」などを出版 
内容はファッション 生き方 暮らし方 
ひとりでデザインして描いて作って提案して 中原淳一ってすごい
姉たちの本を子供のワタシも夢中になって見たっけ

1955s
あれからもう20年以上になるか
里帰りした折 
開かずの押入れを見ていたら
なんとそれいゆが4冊出てきた

今も手元において時々眺めている 
淳一の提案・色の講座は今見ても新しい



1955s_21955s_3   

信楽にて

Dsc_0087_cut


神戸の翌日が滋賀県
かなり強行スケジュールの今週><




滋賀県といえば伊吹山の野草 水の森の睡蓮ハス
そして琵琶湖の周りの近江八幡 彦根 長浜等々
おなじみのすてきなところがたくさんあるなかで
信楽はン十年ぶりにたずねた陶器の街
 
信楽は陶器でも特に置物の狸や壷など大物が得意

この日狸やさんはさらりと通過して
Kさんの案内でご親戚の土鍋メインの窯元を見せていただくDsc_0084s
Dsc_0083s







Dsc_0074sDsc_0079_cut








全国の老舗の料亭に土鍋をメインに納めておられるという
若いお弟子さんがたの作業場

Dsc_0070sDsc_0072s



 







Dsc_0032s

陶芸家先生の紹介で
お昼は吟味した和食
器が素敵



Dsc_0023s  Dsc_0021s










窯元メインのスケジュールだったけど
おまけで足をのばした滋賀県MIHOミュージアムがすばらしかった

Dsc_0054s

こういう方面には疎くて
10年前にこういうのができていたことすら知らなかった
陶芸の街なみからはずれて
北側の山の中にひそりと だけど堂々と美術館はあった

世界の美術品が集められているその中で
Dsc_00531_s 伊藤若冲の絵の斬新さにびっくり

が情けないことに名前すら知らない
姉と弟に興奮を伝えると二人とも知っている画家で
さすが姉は美術館のことも先刻承知

江戸時代の人なのによく見かける墨絵の古い感じがなく
筆の線が力づよかったり大胆だったりのびのび
なかにはユーモアのセンスが光るものもあってひきこまれる

ミズアオイの種 (みもさんへ)

080921_ss

ミズアオイの青い花 大好き
うちの水生植物(スイレン以外)の用土は新しい土は使わず
1年間堆肥と一緒に寝かせた土を使っているの
なので あちこちの鉢からミズアオイが出てきて
自然に二毛作になってる^^

でも保険として毎年採種はしています
0710182ss500
油断していると知らぬ間にに落ちて
勝手にはじけて行方不明になっちゃう







071018ss500 0710201ss500








0710203s5000710202ss500









立派な種の中から 採種しやすそうなのを決めたら
容器で受けます 大賀ハスの大鉢の場合は
高いところにあったので オクラネットでつつんで採種
0710204ss500071025ss500








採種したものは苺パックとか植木鉢に土を入れて
湿地状態~水深3cmくらいにしてその中で保存
屋外に放っておきます





080403

翌年時期が来ると勝手に発芽する
←4月の写真
栄養を与えるとよく育つ
中で大きく育ったものを選んで定植する




090908_ups500

温帯スイレン

マリアセアクロマティラ と スノーボール
090909s090908_s 








 
金賞いただいた90cm鉢 健在です
涼しくなってアーカンシェルの色が濃くなった感じ
090910_s_4
ミズキンバイも開花
ミズサンザシが
葉をのばしはじめました
090910_ups















090907_sups
レッドスパイダー
背景が黒っぽいより
PLを使わない写真がすき
090907_ss







090908_ss




ミズアオイ 大花糸狸藻 姫白アサザ

ミズアオイ  水深3cmで栽培している
夕方には水がなくなりボウフラがわかない
090907_cuts
あしもとでスティグマが爆殖^^

up
090908_s_2
















090907_s
白玉蓮や大賀ハスの鉢で
ミズアオイがつぎつぎと咲き始めた

大賀ハスの鉢でコナギも発生
090909_s_5

















大花糸狸藻 小さな葉っぱは田字草090907_s


2009-7月で銅賞をいただいたマサニエロの鉢でも
090910_s 咲き出した
ここでも田字草と
仲がいい



 


最後は「ヒメシロアサザ西表島」ですと  直径4~5mm とっても小さな花    
   2009-8月コンテスト銅賞の賞品3種のうちの一つです
どうしてアサザなんでしょ  ワタシなら「姫白ガガブタ」と名づけたい^^; 
  090909cuts

珍しい草

ムシトリスミレ 
開花10日目 花は思いのほか長持ちしています
090909_s_4


お向かいさんにいただいた多肉植物
葉っぱの周りに子供が出来る!
子供は触れるとポロリと落ちて
そこで根っ子を伸ばして増えていく   名前何ていうんだろ・・・?
090908_s