フォトアルバム

熱帯睡蓮のあかちゃん(^-^)/

「ムラサキシキブ」の越冬水槽で
熱帯睡蓮の赤ちゃんが育っています

暖かい居間の窓辺でのんびりと浮かんでいます
葉っぱの真ん中にくっついていた豆のようなものから
葉っぱが出てきたのです(^-^)/

180223_s_4
時々オタマジャクシや 
紛れ込んだメダカの稚魚がそばを通ります

 

虚像 (見えない処で)

はじめて気づきました
テーブルの下にいました^^;

171_2348s_2

171_2360s

熱帯睡蓮 「ムラサキシキブ」 開花

熱帯睡蓮「ムラサキシキブ」
この寒さです
10日ほどお休みしていましたが 

19日からまた咲き始めました


  19~21日
19_20_21_2 
ところで
冬の睡蓮に肥料なんて・・・?

でも こんなに咲いてくれるんだし
IB肥料 3粒 施肥 シテミル^^;

 

 

きずし好き

きずし好きは親譲りかもしれない
里の母はお正月前に
たくさんの鯵をきずしにしていた

171_2276s_2 大人になってからは
新鮮なお魚がみつかると
「たっぷりのお塩をふりかけて2時間」
という土井勝方式で きずしにしている

きずし好きだけれど
白くなったような完成品は買う気がしない

今朝のジュース

180219_hs_2

朝から数独

 時には食後の数独^^;

解いて 仕上げては消し 仕上げては消し
余裕があれば
スキマ時間に三度は愉しむのです^^;

322_s_2 



・・・と こんなもの見っけ

Photo_3  http://www.nikoli.com/ja/author/interviews
ニコリの作家さんのインタビュー集ですと
みなさん 愉しんで作っておられます


ちなみにニコリって競馬の名前だそうで
優秀な種馬だったそうで
競馬好きの鍛冶さんはお仕事を人任せにして

その競馬うまの子を追って
南米だったか・・・まで行ってしまったそうで
ゆる~~い鍛冶さんと気が合いそうな作家さん達・・・


ところで朝から数独に 作家さんの名は載っていないです- -;

作家さんについて 詳しく知っているわけではないけれど
どういう方が作られたのかなぁ・・・などと

想像しながら解いているのです^^;

 

真冬の水辺 

雪の晴れ間に撮ってきました

0sl_2



きれいな雪原には足跡をつけぬよう

大きく迂回しました


S1_4

高台に回りこんで
樹の影にそって覗き込みますが
上の池は雪にもぐったままぐっすり眠っています




2_s1_3

さらに深い雪の中を進んで覗き込むと こういう感じ





戻って左にまわってみる

S1_5

 上の池は どこから見ても白一色で
トンボの陣取り棒だけが細い流れの位置を示しつつ
退屈そうに立っていました 




4_sl_3


納得して戻りかけると
小動物の足跡が・・・

シーズン中には気づかなかった小さな生き物が 
岸辺の茂みで暮らしているようです *(^-^)*



トンネルより下


Sl_3

水辺の真ん中は河骨(コウホネ)の池です
雪でほとんど塞がっています

上の黒い穴は鉄管のトンネル
 おかげで上の池とつながっているのです
  雪の下では河骨の柔らかい
水中葉が寒さに耐えながら
春が来るのを待っているはず(^-^)/


こういう写真を見ていると
まるで冬山の様・・・・・・(^-^/


5_sl_2

 昨年秋の終わり頃 
←写真下の辺りで
手長エビの脱皮殻を発見
今まで見かけなかった生き物です
この辺りでも水が湧くのが確認できます
写真奥の
雪で隠れて細くなっている所が下の池
ここでは5月になるとカキツバタが見事です


今日は雪原に足跡をつけたくなくて
これ以上近づけない(^-^;

下の池はフェンスの外から撮りましたconfident

6slll_3

  
カキツバタの葉は 
 冬枯れた状態で

 健気に耐えています




    真冬の水辺 おしまい

手乗りヒヨドリではありません^^;

このこは 防鳥ネットに迷い込んだ
ヒヨドリなの(^-^);

出られなくて暴れていたので
捕まえて逃がしてやりました

写真は
その時 記念に撮ったものよ
scissors

171_1745_s_3

このキンカンネットの中には
ウグイスも潜り込んでいましたが
小さいので上手に出て行ったようです180127_trms_2
鳥ってなかなか撮らせてくれない
  (× ×;

新鮮なイワシget(^-^)/

雪解け水が流れる溝や 太陽で暖まった
石垣は天然の融雪装置です
このところの晴れ間のおかげで
雪片付けがはかどる~(^-^)/



getしたイワシは
お塩とお酢で軽くしめて

久しぶりに ぬたにした
雪かきの毎日だけど
食卓は早春(^-^)/

180213_s_2


ちなみに今朝のジュース

頂き物の大根にくっついていた葉っぱも添えてnote

180213s_3 

あのヒヨドリ?

防鳥ネットに潜り込んで キンカンを
食べ放題だったあのヒヨドリが
きのうから また来ている

すっかり味を覚えてしまって 今日は
網の外から橙色の実をつついている

171_181

熱帯睡蓮がんばってます(^-^)/

熱帯睡蓮「ムラサキシキブ」が
加温なし 日当たりの良い雪の窓辺で
5日間も咲き続けました 

180209s 
1月5日~9日まで・・・(^-^)/ 
昨日10日は1日中留守にしたので
もしかすると6日間?
まさか そんなことはないか(^-^;

0209_2   
おまけに睡蓮の赤ちゃんムカゴまで育っています
180209trms_7 
※ 普通熱帯睡蓮の屋外栽培は6月~10月までです
後は静かに越冬します
一般的には清潔な状態で密封し
カビが生えぬよう各自工夫して越冬させるわけですが
冬も咲かせたい場合は 加温し さらに強烈なライトも要ります

「ムラサキシキブ」なんとたくましい品種でしょう
名前から想像しますと作者は日本の方でしょうねぇ

 挑戦したい方 おられますか(^-^)?